やっぱり中絶すると、不妊になりやすいのでしょうか? 必ずしも不妊症になるというわけではありませんが、中絶の手術が杜撰だった場合に妊娠できない体になることはよく知られています。 中絶は専門用語では、「掻爬(そうは)」と言います。 子宮の中に着床している受精卵を耳かきのような形の器具を使って掻き出す手術が行われます。 切開手術とは違い、手探りで行われる手術ですから、医師の技術力がないと子宮内に余分な傷を作ってしまうのです。 この傷が原因で妊娠できない体になることは、現代医学でもなくはないようです。 また、妊娠はできても着床できずに流れてしまう、習慣流産になってしまう人もいます。 本来、人工中絶は禁止されている行為なのですが、現実には日常的に行われているケースが多いのも事実です。 しかし、しっかりした病院で手術を受けないと、後に不妊症などの症状に悩まされる人も少なくありません。 場合によっては、その場で出血多量などの症状に陥るケースもあります。